C.D.United

2013/01/17

健康第一 (Posted by カノ)

あけましておめでとうございます、カノです。

新年一発目ということで明るい話題を!
と思ったのですが、そんな気が利くような話題はなく、不健康かつ去年の事、という後ろ向きなお話です...。

昨年、会社の健康診断で人生初のバリウム体験したのですが
初体験で見事にひっかかりまして、再検査ということになり、病院に通ったりしました。
まず近所の病院で普通の内視鏡検査(胃カメラですね)をしたのですが、
「あれ?見えない。もしかして内側?」と言われ、大学病院で再々検査。
『超音波内視鏡』という内壁の様子も観察出来るらしい検査をしてきました。

コメントに困るイラストで申し訳ないのですが、図解するとこんなイメージ


blog_i.jpg

内壁にある腫瘍とかも、超音波内視鏡なら見えるらしい...

わざわざ紹介状まで書いてもらって検査しに行くことなんて初めてだったので
かなりおっかなびっくりだったのですが、大学病院で担当してくださった先生が
とても面白い人だったので、個人的には楽しく感じる時間でもありました。
営業トークとは違うのですが、どういった状況なのか、これからどうすれば良いのか、
何の為にどういう検査をするのか等々、こちら質問していないことも、
きちんと解りやすく説明してくださったので、私もかなり安心して検査に臨むことがことができました。

...


そうなんですけれども、
実際の検査はそれはもう大惨事でした。

普通の内視鏡よりはちょっと大変かもね、とは聞いていましたが
麻酔で多少ふわふわしているものの意識がしっかりしていたので、
口からつっこんで掻き回している感覚がひどく、
胃の中に貯めた水を吐き出し続けていたことをよく覚えています。(汚くてすみません)

「つらかったら止めるので、手を挙げてね」と言われたのに、
挙げようとした手は押さえつけられていました。
心の中で先生を罵り続けていても仕方ないことだと思います。

もう終わったことなので笑い話ですが、
もし同じ検査もう一度受けろを言われたら、
さすがにめげるかもしれません...

出来るなら、もう絶対に受けたくない...
健康第一だと改めて再確認したと共に、
健康診断の有難みを感じた出来事でした。

私が言うのも説得力に欠けるのですが、
皆様もお身体には十分気を付けて、健康に2013年をお過ごしくださいませ。

Posted by カノ | 投稿日時 10:58