C.D.United

2015/10/27

ランチ会レポート ~食べてみたいフグタクゥゥゥンの巻~@ランチ会I班 (Posted by ランチ会I班)

fugutakun-000.jpg

こんにちは。
ランチ会レポートです。
今回はバナーどおり、ふぐです!豪華ですよ~!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
だんだん定着してきたこのランチ会、 毎度のことながら一番悩ましいのは
「何を食べに行くか」を考えることかもしれません。

みんなどこに行くか迷い続けているので、ここで食べたい、
何を食べたいの希望があれば声に出してみるのが吉ですね。
紆余曲折を経て決まったお店はこちら

-------------------------------------------------------------------
「とらふぐ亭 浅草店」
http://www.torafugu.co.jp/shop/tokyo/asakusa.html
東京都台東区西浅草2-14-15
------------------------------------------------------------

そう、フグです。豪華です。

普段食べる機会のないものを食べられるのもまた、
こうした企画の醍醐味なのではないでしょうか。

ランチにはお値段1,980円(税別)の「とらふぐ亭御膳」があり、
予算2,000円の本企画に狙ってきたのかと思わざるを得ません。

全員揃ってこのメニューをオーダーです。


fugutakun-001.jpg

まずはてっさの登場。

白く澄んだ身にねぎと紅葉おろしの鮮やかなコントラストが美しいですね。

紅葉といえばそろそろ日光あたりでは色づいてきたそうです。
少し遠出をして紅葉狩りなどしてきたいものです。

主張をあまりしない味でありながら食感で訴えてくる、
そう、これはふぐなのです。


fugutakun-002.jpg

そして続いて、とらふぐ唐揚げ、ふぐ飯、お味噌汁が一気に到着。

なぜてっさもお盆にあわせて乗せてこなかったのかが気になるところですが、
テーブルが一気に豪華になりました。

fugutakun-003.jpg


ふぐ飯にはお出汁をかけていただくのだそう。
たまごととろろが目を引きますが、ふぐもちゃんといます。あぁこれは食が進むやつ・・・!

混ぜてみたら贅沢仕様な卵かけごはんがそこに。

ふぐの味の繊細さと、たまごとお出汁の主張の強さのアンバランスさで
ふぐの存在を忘れがちですがふぐです。


fugutakun-004.jpg

毛色の違うこれはとらふぐの唐揚げ。
さっぱり淡白なふぐの中で他と違うオーラを漂わせています。
その食感は魚のそれというより鶏のそれに近く、でも脂味を感じないあっさり系。
硬い骨が口に刺さることに注意ですが、ボリボリと食べることもできます。


fugutakun-005.jpg

店頭には生簀が。
カメラを向けると全員がその場からいなくなるという、
超カメラ慣れしているあたりがニクイですね。
しかし見た目と味のギャップが大きいです。
ギャップ萌えワンチャンあるかもしれません。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+
メンバーはふぐの食感、味、食べ方や、これまでに
ふぐを食べたことがあるのかなどで談笑していました。

異なるチームで普段話す機会が少ない人とも
共通の話題を持って過ごせるのはいい刺激になりますね。

次は何を食べに行くか、今のうちから探りを入れて置くこととしましょうか。

Posted by ランチ会I班 | 投稿日時 17:19